建築基準法

計算項目:壁量計算、壁の配置(4分割法・偏心率)、N値計算
2階建てまでの建築確認申請時の添付書類として使えます。
図書保存義務化に対応(令和2年3月施行)

建築基準法
壁量計算

建築基準法で定められた壁量計算を行ないます。
基準法上の必要壁量および存在壁量より、基準法の判定を行ないます。壁配置の都度、重心・剛心・偏心率・壁量チェックを行なっており、適切な壁配置のシミュレーションが可能です。

壁量計算
壁の配置(偏心率・平面4分割法)

建物平面を各方向ごとに4等分したときの両端の壁量の充足率や壁率比を計算し、壁配置のバランスを判断し等級判定します。
計算根拠となる壁量充足率や壁率比の明細値を表やグラフでわかりやすく表示します。偏心率においては、計算過程の数値を示した偏心率計算表も出力可能です。複雑な形状の間取においても、4分割区画が自動生成されます。バルコニーやオーバーハングに おける特殊処理も自動計算されます。

CAD入力画面
柱頭柱脚金物算定(N値計算)

筋かいおよび柱の柱頭・柱脚の各接合部について、筋かいの取り付けパターンを考慮した接合部倍率(N値)を求め、適切な接合部金物を選択します。 出隅入隅の情報は自動認識されます。

図書保存
「4号建築物 設計図書保存義務化」に対応

建築士法が改正され、一般的な木造住宅を含む4号建築物についても、壁量計算書などの設計図書の保存を義務付けられました。(保存期間:図書作成日から15年間)
※公布:令和元年(2019年)11月1日 施行:令和2年(2020年)3月1日
※設計図書の保存義務は従来より存在していましたが改正前は4号建築物は対象外でした
これを受け、ホームズ君「構造EX」で、「図書保存義務への対応」に適した書式での帳票(図書)出力が可能となります。
保存対象と定められている設計図書の内の次の図書(建築基準法 令46条関連)を、A3用紙(横)一式10ページ前後にまとめて出力します。電子情報としても紙媒体としても、保存や管理を行いやすく、法改正にスムースに対応できます。

  • 各階平面図

  • 二面以上の立面図

  • 基礎伏図

  • 各階床伏図

  • 小屋伏図

  • 構造計算書等(壁量計算、四分割法の計算、N値計算)

長期優良住宅・住宅性能表示

10項目に対応 ※長期優良住宅の申請にも

「構造EX」は、住宅性能表示制度の10項目のチェックに対応しております。(断熱等性能等級は、「省エネ診断エキスパート」との連動が必要です)
これにより、長期優良住宅の申請に必要となる計算図書(長期優良住宅の認定基準である「構造の安定(耐震等級)」「省エネ」「劣化の軽減」「維持管理」に関する計算図書)を「構造EX」より出力してお使いいただくことができます。

構造の安定

性能表示壁量計算、壁の配置(平面4分割法)、柱頭柱脚金物算定(N値計算)、床倍率、基礎
住宅性能表示で定められている準耐力壁等(準耐力壁、垂壁、腰壁)も評価の対象とした壁量計算を行います。
床倍率では、耐力壁線、床区画の自動認識を行い、瞬時に等級判定します。累加壁線処理(耐力壁併合)、特殊区画入力もOK。凹型やオーバーハングにも対応しています。

耐震等級チェック機能

壁量、配置、床倍率、接合部などの各モードに切り替えて個別に行っていた性能表示の耐震性の検討を、「耐震チェックモード」で一括で検定することができます。
一括検定・出力機能を使うことで、同一入力条件下での検定となりますので、入力漏れや出力計算結果の不整合のない計算書を作成できます。
申請後、評価機関から指摘を受けて再提出、というような煩わしさがなくなり、住宅性能評価や長期優良住宅の申請がスムーズに進められます。さらに、耐震等級を取得するにあたり重要となり約25個の項目チェックを行えるようになりました。

耐震等級チェック機能
温熱環境(省エネとの連携) ※別売りソフト ホームズ君「省エネ診断エキスパート」との連携

平成28年省エネ基準の外皮平均熱貫流率(UA)・冷房期の平均日射熱取得率(ηAC)、認定低炭素住宅基準に対応しています。 任意の部材の登録ができ、拡張アメダス(株式会社気象データシステム)の標準年気象データによる詳細な年間断冷房負荷計算も可能です。さらに、施主へのプレゼンに使える「絵でみる省エネ性能比較表」等が作成できます。

設計支援機能

プレゼン機能
地震被害想定 3次元CG表示

品確法住宅性能表示の壁量計算、壁配置、耐震等級判定結果を元に、地震の被害を想定した建物の3次元CG表示が可能です。入力したCAD情報から、建物の3次元情報を自動的に作成するため、設計内容に応じた結果の確認が可能です。
3次元CG画面にて2つのプランを同時に表示(振動アニメーション)することができます。耐震性の比較が一目瞭然で、施主への説明時に抜群の説得力があります。

地震被害想定 3次元CG表示
画像貼付・吹出入力

平面図に画像を貼り付けて、プレゼンテーション用の図面としてお使いいただけます。 吹出コメントも追加できますので、お客様への説明資料の作成にもお使いいただけます。

画像貼付・吹出入力 画像貼付・吹出入力
等級ナビ

4つの条件(目標等級、バランス判定、設計位置、壁仕様)を満たす最適なプランを自動作成することができます。
目標等級に関しては、「壁量」と「壁の配置」および「床倍率」を考慮した耐力壁自動入力を行います。

等級ナビ
構造安全性チェック (壁量計算、壁配置バランス、N値計算、耐力壁線間距離、直下率)

構造安全性に関する項目(壁量計算、壁配置バランス、N値計算、直下率等)が設定した条件を満たしているかを確認するための機能です。チェックの対象となる項目は次の9項目です。

  • 壁量計算

  • 偏心率

  • 4分割法

  • N値計算

  • 耐力壁線間距離

  • 柱直下率

  • 壁直下率

  • 耐力壁直下率

  • 隅角部耐力壁無

チェック表で確認したい項目をマウスでクリックすると、CADおよび3D画面上の関連する部分が強調表示され、建物の構造安全性が一目でわかります。

構造安全性に関する項目
屋根入力
屋根詳細入力・編集

片流れ、母屋下がり、入母屋等、様々な種類の屋根の入力に対応しています。入力結果は3Dでリアルタイムに確認することができますので、イメージを確認しながら屋根を入力することができます。
また、詳細な屋根入力ができますので、見付面積もより正確に算出されます。

屋根詳細入力・編集
◆屋根入力例
屋根入力例
パラペット屋根対応

パラペットがある屋根の入力および建物の診断を行うことができます。
3D表示での形状確認も可能です。
※パラペットを入力すると、建築基準法における見付面積が、パラペットの形状に応じた面積となります。
基礎・梁せい算定・許容応力度計算の荷重計算に反映されます。

  • パラペット3D表示

    パラペット3D表示 パラペット3D表示
  • 入力画面

    入力画面
屋根面高さ指定機能

数値を指定して屋根の高さを変更することができます。母屋下がりなどの屋根を入力する際は、地回りからの下がり寸法を指定するだけです。

屋根面高さ指定機能
長期優良住宅用「設計内容説明書」(Excel形式)

長期優良住宅の認定を受ける際に必要な「設計内容説明書」をExcel形式で作成できる機能です。
「構造EX」にて等級判定を行った内容を、「設計内容説明書(Excel形式)」に出力します。
Microsoft Excel形式に出力しますので、加筆・修正が容易におこなえます。計算した結果を転記する手間を省くとともに、転記ミスなどを防ぎ、申請がスムーズに行えるようになります。

  • 「設計内容説明書」は長期優良住宅認定の際に必要となる書類(任意書式)です。

  • (一財)ベターリビング、住宅性能評価・表示協会発行の「長期優良住宅 認定マニュアル」に準拠した書式になっています。書式は基本的に任意書式ですので、他の評価機関でもお使いいただくことができます。
    なお、評価機関によっては、書式が定められている場合がありますので、詳しくは評価機関に直接お問い合わせください。

  • 本機能をお使いいただくには、Microsoft Excel2000以降が必要です。


長期優良住宅用「設計内容説明書」(Excel形式)
構造3Dビューア
  • 建物の3次元CG上に耐震等級判定の結果や許容応力度計算の検定比、各応力を色分け表示します。

  • 検定NG箇所はもちろん、検定がOKであっても余裕のない設計になっている個所なども色分け表示し、構造的な弱点となりそうな箇所をいち早く見つけ改善につなげることができます。

  • 構造計算を専門とされていない方やこれから構造計算をマスターしたい方などは、各種応力が3次元でイメージしやすくなり理解が進みます。

■新機能『構造3Dビューア』のご紹介

■『構造3Dビューア』検定項目5分ツアー

データ連携機能

ホームズ君「あっと簡単見積」とのデータ連携機能

ホームズ君「あっと簡単見積」と組み合わせてお使いいただきますと、「構造EX」で作成したプラン(CADデータ)を見積ソフト「あっと簡単見積」にデータ連動し、金物数量や木拾いした数量の自動集計を行うことができます。入力の手間を軽減し、より詳細な積算を簡単に行うことができます。連動したCAD情報は「あっと簡単見積」で追加・変更して、数量を集計することも可能です。
※本機能をお使いいただくには、住宅性能診断士 ホームズ君「あっと簡単見積Ver3.0」以降が必要です。

ホームズ君「あっと簡単見積」とのデータ連携機能 ホームズ君「あっと簡単見積」とのデータ連携機能
DXFファイル出力(保存)・読込(下絵表示)

作成した図面をDXFファイルとして保存することができます。汎用性の高いDXFファイルは様々なソフトで読み込むことができます。
また、建物図面のDXFファイルを読み込んで下絵として表示することもできます。

DXFファイル出力(保存)・読込(下絵表示)
CEDXMファイルの入出力に対応

他社製CADソフトで作成したデータをCEDXMファイルを経由して「構造EX」に読み込んで使用することができます。

CEDXMファイルの入出力に対応 CEDXMファイルの入出力に対応
CEDXMファイルの入出力に対応 CEDXMファイルの入出力に対応

また、入力した建物のデータをCEDXMファイルに出力し保存することも可能です。

ホームズ君製品同士のデータ連携

ホームズ君シリーズが対応しているファイル形式、ソフトについての詳細はこちらをご覧ください。

より高度な機能

ホームズ君「構造EX」では、より便利に、さらに多様な構造の建築物に対応するため、多彩なオプションをご用意しております。

【住宅性能表示】基礎 ※伏図・梁せい算定オプションが必要です

(公財)日本住宅・木材技術センター発行の「木造軸組工法住宅の許容応力度設計(2017年版)」に対応しております。
検定は「仕様規定(平12建告1347号)」と「構造計算(許容応力度)」の両方が行えます。
また、底盤や基礎梁を部分的に補強が可能で、より実状にあった基礎の設計が可能です。
さらに基礎梁の自動入力機能や人通口の補強筋の検定も可能です。
計算書には計算方法を解説したページが検定項目ごとに付属します。

【住宅性能表示】基礎
作成された伏図を3Dで確認 ※伏図・梁せい算定オプションが必要です

作成された伏図は、3Dでも確認可能。 入力に応じて、リアルタイムに小屋組や床組を3Dで確認することができます。 部位ごとに色分け表示もでき、端部の勝ち負けや上下の架構が一目瞭然です。

許容応力度計算 ※許容応力度計算オプションが必要です

(公財)日本住宅・木材技術センター発行
「木造軸組工法住宅の許容応力度設計(2017年版)」準拠

木造3階建てまでの構造計算(ルート1、ルート2)に対応!

  • 3階建て構造計算対応

  • 検定NGチェック機能

  • 荷重3Dチェック

  • 新グレー本準拠

中大規模木造建築に対応 ※トラスオプションが必要です

一般流通材とプレカットによる在来工法で低コスト化、施工の効率化が図れます。
キングポストトラス、平行弦トラスに対応※
※PWA:(一社)中大規模木造プレカット技術協会のトラスマニュアルに準拠
集合住宅、高齢者施設、幼稚園、店舗、事務所、倉庫などに有効です。

wallstatに直接データ連携 ※wallstat連携オプションが必要です

wallstatは京都大学生存圏研究所(2019年現在)の中川貴文准教授が開発した倒壊解析ソフトウェアです。振動台による実大実験や数値解析をもとに行われた地震時の木造住宅の挙動に関する知見を盛り込んだ木造軸組構法住宅の建物全体の大地震時の損傷状況や倒壊過程をシミュレートする数値解析プログラムです。



wallstatは専門性の高いソフトウェアであるため、その操作性については課題があると考えます。これらの課題を解決し、多くの方にwallstatを利用できるようにするための機能が【wallstat連携オプション】です。
本機能はCEDXM等を経由せず直接連携しています。このため、「構造EX」で許容応力度計算に必要な設定を行っていれば、wallstatでの追加の入力は原則必要とせず、解析が可能です。

wallstat連携オプション
デモ画像

おすすめホームズ君ナビ

診断・設計したい項目や建築物の種類に合わせて、ホームズ君シリーズの最適な組み合わせをご提案します。

ご検討中の方は
こちらからお気軽にお問い合わせください

お電話・FAXでのお問い合わせはこちら

お電話アイコン

0120-9876-68

株式会社インテグラル ホームズ君購入窓口 受付時間 9:00~18:00(平日)

FAX:029-850-3334

メールでのお問い合わせはこちら


Page Top