ホームズ君「耐震診断Pro」 ― 国土交通省監修「木造住宅の耐震診断と補強方法」準拠、(一財)日本建築防災協会プログラム評価取得

住宅性能診断士 ホームズ君「耐震診断Pro」 Ver4.2.1.1 バージョンアップ情報

ホームズ君「耐震診断Pro」は2018年9月25日にVer.4.2.1.1をリリースしました。
更新プログラムは、「ホームズ君マイページ」からダウンロードいただけます。

「ホームズ君マイページ」の利用登録(無料)が事前に必要になります。
  利用登録がお済みでない方は、この機会にご登録をおすすめいたします。

Ver4.2.1.1 バージョンアップ項目一覧

「絵でみる省エネリフォーム概算御見積書」作成機能

本機能の利用には、別売のホームズ君「省エネ診断エキスパート」と「あっと簡単見積」が必要です。

ホームズ君「耐震診断Pro」とホームズ君「省エネ診断エキスパート」の連動で、最新の平成28年省エネ基準に基づく断熱リフォームの設計・評価を行うことができます。さらに、ホームズ君「あっと簡単見積」にデータ連携することで、断熱性能の向上と工事費用が施主でも一目でわかる「絵でみる省エネリフォーム概算御見積書」が作成できます。また、工事範囲として建物全体改修、部分改修に応じて、数量拾いができます。

断熱性能の根拠と概算費用をすばやく施主に提示することで受注率アップが図れます。

あっと簡単見積連動
絵でみる省エネリフォーム概算見積書

住宅性能診断士ホームズ君「あっと簡単見積」はVer.3.40より「平成28年省エネ基準」に対応しています。「平成28年基準」に基づいた、リフォーム工事の概算見積書が簡単に作成出来ます。

Ver4.2.1.0 バージョンアップ項目

【耐震診断Pro】「新耐震基準の木造住宅の耐震性能検証法」に対応

「新耐震基準の木造住宅の耐震性能検証法」に対応

2017年5月に国土交通省および(一財)日本建築防災協会から公表された、「新耐震基準の木造住宅の耐震性能検証法」(略して、新耐震木造住宅検証法)に特化した計算が行える機能です。

施主等への報告用に「結果表」の印刷も可能です。

※「木造住宅耐震診断プログラム評価」の対象範囲外です。


詳細は【新耐震検証法オプション】ページをご覧ください。

【耐震診断Pro】基礎補強範囲の判定方法を一部変更

一般診断法および精密診断法1において、基礎の補強範囲の判定方法が一部変更になります。

【耐震診断Pro】地震被害想定振動アニメーション保存機能を追加

地震被害想定振動アニメーションを動画ファイルとして保存する機能が追加になります。

保存した動画ファイルは、「耐震診断Pro」がなくてもご覧いただけるので、施主に資料として提供することが可能になります。

 

【耐震診断Pro】筋かいの取り付く壁面の指示が可能に

CAD入力時、筋かいの取り付く壁面の指示が可能になります。

耐震診断の評点には影響ありません。耐震改修時の参考情報として参照ください。

【耐震診断Pro】図面の分割印刷に対応

図面印刷の際、分割して印刷することが可能になります。

1枚の用紙に収めると見づらい図面も、分割印刷することで詳細を確認しやすくなります。

【保有水平耐力計算オプション】柔床の計算方法を一部変更

柔床の場合の計算方法を一部変更しました。

【保有水平耐力計算オプション】柱同寸筋かいの評価を可能

柱同寸筋かいの標準骨格曲線データは代表的な仕様のものに限られているため、従来はこの筋かいの耐力を適切に評価できませんでした。

本機能は、筋かいの寸法情報等の条件を設定することで、柱同寸筋かいの標準骨格曲線が求められる機能です。

【プレゼンボードオプション】 アルバムへの写真追加が簡単に

アルバムへの写真の追加がマウスのドラッグで可能になります。

ダウンロード   オンラインショップへ
▲TOP