ホームズ君「耐震診断Pro」 ― 国土交通省監修「木造住宅の耐震診断と補強方法」準拠、(一財)日本建築防災協会プログラム評価取得

住宅性能診断士 ホームズ君「耐震診断Pro」 バージョンアップ情報

[NEW]  ホームズ君「耐震診断Pro」Ver4.02 (2012/9/4リリース)

(1) ダブルクリックでデータを開く場合に、起動するバージョンが選択できるようになりました!

ホームズ君「耐震診断Pro」のVer3とVer4を一緒にお使いの方が、Ver3で作成した データファイルをエクスプローラ、マイコンピュータ等からダブルクリックで開く場合 起動するバージョンが選択できるようになりました。

(2) データを作成したバージョンの確認が可能になりました!

ホームズ君「耐震診断Pro」の「開く」画面からデータを開く際に、データが作成されたバージョンを簡単に確認出来るようになりました。
 

ホームズ君「耐震診断Pro」Ver4.01 (2012/8/29リリース)

(1)建築防災協会形式の計算書に対応しました!

一般財団法人日本建築防災協会発行の「2012年改訂版木造住宅の耐震診断と補強方法」の【例題編・資料編】に示されている書式にあわせた計算書が作成可能になります。

これにより、診断結果をチェックする際に書式の統一が図れ、効率的にチェック作業を行うことが可能になります。

自治体が行う耐震診断等において、書式(診断ソフト)が指定されている場合でも書式が共通ですので、チェックが行いやすくなります。
(地域により、対応が異なる場合がありますので、ご利用の前に実際の申請先に確認をお願いします。)

(2)非耐力壁のN値計算(耐力換算N値計算法)が可能になりました!

一般財団法人日本建築防災協会発行の「2012年改訂版木造住宅の耐震診断と補強方法」のP.38に記載の方法により、床から天井まで施工の非耐力壁仕様の壁において、N値計算が行えます。
これにより、より実状に即した柱頭柱脚接合部低減係数を求めることが可能になります。

「2012年改訂版木造住宅の耐震診断と補強方法」P.38抜粋

各柱について、各方向について(解式3.5)又は(解式3.6)の値を求め、その大きな方の値に応じて接合部の仕様が、解表3.7の掲げる継手・仕口の仕様または同等以上となっていればよい。このとき、軸組の倍率としては、等価壁倍率を用いるか、または無開口壁の壁基準耐力を1.96(kN/m)で除した値を用いることができる。

ホームズ君「耐震診断Pro」Ver4で可能なN値計算方法

N値計算法 平成12年建設省告示1460号
変換N値法 横浜市制定
耐力換算N値計算法 2012年改訂版 P.38
▲TOP