ホームズ君「すまいのかんたんプレゼン」

よくある質問

本ページでは、ホームズ君「すまいのかんたんプレゼン」の購入をご検討中のお客様およびユーザー様より多くお寄せいただいたご質問を掲載しています。お問い合わせの前にご確認ください。

その他のよくある質問ページ

製品共通 構造EX 耐震診断Pro 省エネ診断エキスパート あっと簡単見積

回答一覧

  1. はじめに
  2. Q1
    どのようなソフトですか?
    A
    住宅の初期設計を支援するプレゼンテーションソフトです。
    リアルな3Dパースの作成のみならず、外構の入力も可能です。敷地条件を考慮した各種シミュレーションまでおこなっていただけます。
    Q2
    パソコンの初心者でも簡単に利用できますか?
    A
    ホームズ君シリーズのCAD入力は、簡単に、直感的に操作していただけることで定評がありますので、どなたでも簡単にお使いいただけます。
    「すまいのかんたんプレゼン」の機能すべてが体験可能な体験版をご用意しております。体験版ダウンロードページよりダウンロードしてお試しください。
  3. 機能について
  4. Q1
    すでに他のホームズ君製品を使っています。そのCADデータは読み込めますか?
    A
    「構造EX」「省エネ診断エキスパート」「耐震診断Pro」で入力されたCADデータを読み込むことが可能です。
    ただし、開口・壁・屋根などの基本的な間取り情報のみとなります。それぞれのソフト特有に入力している情報(耐力壁、断熱仕様、補強属性)等は失われます。
    Q2
    どんな建物の入力が可能ですか?3階建は入力できますか?
    A
    平屋から3階建までの住宅に対応しています。地下室の入力はおこなえませんが、スキップフロアやロフトは3Dパーツを用いて入力できます。
    また、住宅以外にも、高齢者施設、幼稚園などの中大規模木造建築物の入力も可能です。
    Q3
    敷地の入力に三斜求積図は使えますか?
    A
    三斜求積図に合わせて土地を三角形に分割すると、各辺の長さが編集できるようになり、敷地形状を作成できます。
    Q4
    高低差のある敷地の入力はできますか?
    A
    入力可能です。広域に高低差を入力したり、等高線による入力もできます。また、異なる高さレベルを敷地の一角に設定することもできます。
    Q5
    「3Dパーツ」と「自由パーツ」の違いは何ですか?
    A
    どちらも3D部品ですが、下記のような違いがあります。
    ■3Dパーツ
    標準搭載パーツとして、キッチン・バス・家具など1200点以上が準備されていて、CAD上に配置することができます。3Dパーツ作成機能を使ってユーザー登録も可能です。自由パーツ(後述)ではできない複雑な形状の3Dパーツを作成することができます。
    ■自由パーツ
    簡易な形状の内装や造りつけ家具、外構部材等を作成するための機能です。
    3Dビュー画面上でテクスチャを設定したり、xyz方向に伸縮したりできるので、独自のパーツ作成に適しています。ただしユーザー登録はできませんので、複数のプランでお使いいただくことはできません。
    Q6
    他社ソフトで作成した3Dパーツファイルは取り込めますか?
    A
    3D DXFファイルやSketchUp・Metasequoiaで作成したファイルを読込んで3Dパーツとしてユーザー登録することが可能です。
    Q7
    前景の使い方を教えてください。
    A
    「前景」は、3Dビューでお使いいただける機能です。建物の手前に樹木等を配置することでパースに奥行きが出ます。
    Q8
    どのような内装が表現できますか?
    A
    土間床、上り框、勾配天井、柱・梁・垂木あらわし、真壁あらわし、畳などが自動作成機能で表現していただけます。各種形状の階段の作成も簡単です。
    また、玄関ドアは汎用ドアの他メーカー品も選択できます。
    Q9
    どのような外構が表現できますか?
    A
    ポーチ床、ポーチ柱、犬走り、ウッドデッキ、外構階段、塀、ルーバーフェンス等が建物の形状・サイズに合わせて自動で簡単に作成いただけます。また、樹木、車などの豊富なパーツも標準でご用意してます。
    Q10
    ウォークスルーモードとは何ですか?
    A
    マウスを動かして建物内外を歩き回るモードです。
    お好きな経路を選びながら作成したものを動画として最大4つまで保存が可能です。施主へのプレゼンテーションに繰り返しお使いいただけるので大変便利です。
    ウォークスルーモードを見る
    Q11
    眺望モード、視線チェックとは何ですか?
    A
    眺望モードでは、指定した窓からの眺めを確認することができます。
    隣棟の窓をクリックすることで、隣棟からの自宅の見え方(視線チェック)も確認できます。
    眺望・視線チェックを見る
    Q12
    検討中の土地が周辺の建物との距離が近いのですが、建物の設計前でも日影や日当りのシミュレーションはできますか?
    A
    敷地検討にもお使いいただけます。隣棟・道路等の周辺環境と簡単な自宅を入力することで、日影と日当りシミュレーションができます。結果は1枚のレポートにまとめて表示することができるので、検討中の敷地が複数ある場合、設計方針の違いなどを示すことにもご活用いただけます。
    敷地・日当りレポートを見る
    Q13
    他にどんなシミュレーションができますか?
    A
    日当り、日影、日射断面図、日照時間、通風、5つのパッシブシミュレーションをおこなっていただけます。
    パッシブシミュレーションを見る
    Q14
    クイック判定とは何ですか?
    A
    概算で耐震等級、断熱性能(UA値)、一次エネルギー消費量、太陽光発電、ZEH適合、光熱費を判定できる機能です。
    ただし、判定結果は公的なもの(確認申請や評価機関への申請)にはお使いいただけません。あくまでも初期設計段階における参考値としてご覧ください。
    クイック判定を見る
  5. 入出力データについて
  6. Q1
    その他のホームズ君製品と連携していますか?
    A
    「構造EX」「耐震診断Pro」「省エネ診断エキスパート」「あっと簡単見積」に連携させることができます。
    連携するデータは開口、壁、屋根、バルコニー、天井、敷地(省エネ診断エキスパートのみ)です。
    データ連携機能を見る
    Q2
    DXFファイルなど、外部ファイルには対応していますか?
    A
    以下と対応しています。
    ■DXFの壁取り込み、DXFファイルの下絵としての読込
    ■ホームズ君のCAD入力情報(平面図・立面図)を、DXFファイルとして出力
    ■CEDXM(シーデクセマ)の読込、出力
    ■マイホームデザイナーPROの読込、出力
    データ連携機能を見る
    Q3
    どのような帳票が出力できますか?
    A
    「敷地・日当りレポート」「間取り図」「立面図」「3Dビュー(水平投影)」「3Dビュー(外観パース)」が出力できます。
    帳票サンプルを見る
    Q4
    出力帳票に自社名を表示できますか?
    A
    ロゴや社名を表示できます。
    出力【印刷】→フッター設定で設定できます。
ダウンロード   オンラインショップへ
▲TOP