ホームズ君「構造EX」 長期優良住宅対応 許容応力度オプション(3階建て構造計算対応) (公財)日本住宅・木材技術センタープログラム認定取得済

住宅性能診断士 ホームズ君「構造EX」 

Ver3.68 バージョンアップ内容

「基礎詳細図」の自動作成機能を追加

画面で入力した基礎の寸法・配筋をもとに「基礎詳細図」を自動作成する機能を追加しました。PDFやDXFファイルへの出力も可能です。基礎梁、底盤、人通口等を入力した寸法・配筋の通りに表示・印刷できますので、入力や設計時に完成形をイメージしやすくなり、各種申請や施工の確認の際にもお使いいただけます。設計者判断にて図面変更等を行いたい場合はDXFファイルをJw-cad等で編集可能です。

基礎詳細図
【基礎詳細図】 クリックするとPDFファイルが開きます
【基礎仕様設定画面】
【人通口・開口部の編集画面】

大規模建物での動作を改善

これまで300m2以上の建物の計算を行った際に、メモリ不足等のエラーが発生したり、処理が停止したりしてしまう現象を改善しました。

隅木、谷木が母屋や登り梁を受ける架構に対応 ※【伏図・梁せい算定オプション】(別売オプション)が必要

これまでは、隅木や谷木が、母屋または登り梁を受ける際には、必ずその交点に小屋束または柱が必要でした。(隅木や谷木が、スパン途中で荷重を受けることができませんでした)

今回より、母屋または登り梁を受ける箇所にも、小屋束が必須ではなくなったため、より開放的な架構が可能になりました。

▲TOP