「ホームズ君.com」トップ ≫ 3DマイホームデザイナーPRO7 ・PRO8 データ連携機能

3DマイホームデザイナーPRO7 ・PRO8 データ連携機能

「構造EX」で入力されたCAD情報を 3DマイホームデザイナーPRO (M3D形式)でお使いいただくことや、3DマイホームデザイナーPROで入力された間取り情報を「構造EX」でお使いいただくことができ、入力データを相互に活用することができます。

3DマイホームデザイナーPRO7と「構造EX」の間で入力データを相互活用

対応バージョン

▼3DマイホームデザイナーPRO7、PRO8 両方に対応
住宅性能診断士 ホームズ君「構造EX」Ver3.52~

▼3DマイホームデザイナーPRO7のみに対応
住宅性能診断士 ホームズ君「構造EX」Ver3.00~3.51

連携可能なCAD情報

  • 壁、開口部(位置)、開口属性(開口幅・高さ)、部屋名称、屋根

注意事項

  • 3DマイホームデザイナーPRO7またはPRO8 」が必要です。
  • 3DマイホームデザイナーPRO7またはPRO8 」とのデータ連動機能は、メガソフト株式会社が提供する「3Dマイホームデザイナー開発キット(SDK)」を呼び出すことで実現しています。
    ※「3Dマイホームデザイナー開発キット(SDK)」は「 3DマイホームデザイナーPRO 」の無償プログラムアップデートにより提供されるものです。

    このため、
    • 「3Dマイホームデザイナー開発キット(SDK)」の仕様や動作条件等が変更された場合
    • 「3Dマイホームデザイナー開発キット(SDK)」の提供が終了した場合
    には、ホームズ君シリーズが提供する
    • 「マイホームデザイナーデータ読み込み」機能
    • 「マイホームデザイナーデータ書き出し」機能
    が使用できなくなる場合があります。あらかじめ、ご了承ください。
▲TOP