「ホームズ君.com」トップ ≫ 建築基準法 壁の配置(偏心率・平面4分割法)

建築基準法 壁の配置(偏心率・平面4分割法)

建物平面を各方向ごとに4等分したときの両端の壁量の充足率や壁率比を計算し、壁配置のバランスを判断し等級判定します。

計算根拠となる壁量充足率や壁率比の明細値を表やグラフでわかりやすく表示します。偏心率においては、計算過程の数値を示した偏心率計算表も出力可能です。複雑な形状の間取においても、4分割区画が自動生成されます。バルコニーやオーバーハングに おける特殊処理も自動計算されます。

▲TOP