平成28年省エネ基準での評価に加えて、太陽の光や熱、風などの「パッシブ要素」を活用して温熱環境を総合的に検討するための省エネ診断エキスパートのオプション製品

敷地・日当りナビ

方位、敷地形状、隣棟、隣棟の屋根形状、樹木やカーポート等の周辺状況を詳細に設定できます。

隣棟・敷地の設定:入力はとても簡単

ここで設定した項目は、【パッシブ設計オプション】の各種シミュレーションに反映されます。

建設地の気候を把握するために参考とする気象観測点は、地図から選びます。

ダウンロード   オンラインショップへ
▲TOP