ホームズ君「構造EX」 長期優良住宅対応 許容応力度オプション(3階建て構造計算対応) (財)日本住宅・木材技術センタープログラム認定取得済

ホームズ君「構造EX」 製品概要

バージョンアップ情報
ホームズ君「構造EX」バージョンアップ
好評発売中!(2014年4月23日リリース)

平成25年省エネ基準対応 構造EXVer3.54省エネオプション 2014年4月10日リリース

詳細はこちらをご覧ください≫

トピックス
【プレスリリース】インテグラル、日本ERIと「長期優良住宅の技術的審査」における技術的審査料金の割引適用について合意(2013/2/5)株式会社インテグラルは、日本ERI株式会社と、長期優良住宅の技術的審査の料金について、インテグラルが提供する『長期優良住宅申請支援サービス』を利用した場合、技術的審査料金から10,000円の割引を適用することで合意しました。
詳しくは、こちらをご覧ください。住木センタープログラム認定更新
合理化認定の長期性能タイプに合わせたカスタマイズに対応

ホームズ君「構造EX」の住木センターのプログラム認定が更新されました。
また、同センターの合理化認定の長期性能タイプに合わせたカスタマイズが可能となりました。

ホームズ君「構造EX」のWindows 8対応状況

ホームズ君「構造EX」は、Windows 8に対応しております。詳しくは、こちらをご参照ください。

面材詳細計算法オプション
(2011/9/29発売)

新たに「面材詳細計算法オプション」をリリースしました。

(公財)日本住宅・木材技術センター発行「木造軸組工法住宅の許容応力度設計(2008年度版)」(グレー本)に準拠した面材詳細計算法による設計が行えます。

通常の耐力計算では検討できない、高倍率の耐力壁や水平構面の使用した耐力確保が行え、大スパン・大空間・階高が高い建物などの設計が実現できます。

詳細はこちらをご覧ください≫

CEDEXM対応ホームズ君「構造EX」Ver3.17より、他社製CADソフトで作成したデータをCEDXMファイルを経由してホームズ君「構造EX」に読み込んで使用することができるようになりました。

詳細はこちらをご覧ください≫

許容応力度オプション

limitop

3階建てまでの木造住宅に対応し、スキップフロア、登り梁、母屋下り、斜め壁、間崩れにも対応可能となります。

詳細はこちらをご覧ください≫

関連情報(プレスリリース・メディア掲載情報等)
プログラム認定
(公財)日本住宅・木材技術センター
「木造建築物電算プログラム認定」取得

eval

ホームズ君「構造EX」および「許容応力度オプション」は、(公財)日本住宅・木材技術センターの「木造建築物電算プログラム認定」を取得しています。

詳細はこちらをご覧ください≫

ホームズ君「構造EX」は、長期優良住宅で求められる耐震等級2、断熱等性能等級4といった住宅性能表示 の全10項目の等級判定、建築基準法の壁量計算、壁の配置(偏心率・4分割法)、N値計算の適合判定、平成25年省エネ基準による省エネ計算が可能なソフトです。

「構造EX」メインメニュー

「構造EX」をYoutube動画でご紹介

ホームズ君「構造EX」による長期優良住宅の認定条件に必要な、耐震等級2、省エネ等級4を満たす住宅の設計をご覧いただけます。

製品情報

CAD入力

CAD入力

CAD入力は重ねがき可能な簡単入力です

壁、開口部、筋かい、柱等を簡単CADで入力します。親しみやすいユーザーインターフェースと 自動認識機能を搭載し、入力者の負担を最小限に抑えます。入力の度に壁量と偏心率をリアルタイムで 計算し最適な設計が可能です。図面上に画像を貼り付けて、プレゼンテーション図面としてもお使いいただけます。

建築基準法

壁量計算、4分割法、偏心率計算、柱接合部(N値計算)

壁量計算、4分割法、偏心率計算、柱接合部(N値計算)

確認申請時に必要な耐震性能のチェックが瞬時に行えます。柱接合部(N値計算)では、使用する 金物を任意に設定・変更することができます。確認申請の際に有効な図面や計算書が作成できます。

瑕疵担保履行法 ※伏図・梁せい算定オプション

詳細はこちら

瑕疵担保履行法 ※伏図・梁せい算定オプション

横架材の検討

住宅瑕疵担保履行責任保険への加入時に必要な計算書、伏図の作成が行えます。自動作成機能を搭載しているので簡単に最適な伏図作成ができます。

木造3階建て構造計算 ※許容応力度計算オプション

詳細はこちら

許容応力度計算オプション

「木造軸組工法住宅の許容応力度設計(2008年度版)」準拠

木造3階建てまでの許容応力度計算ができます。
(伝統的構法、枠組壁工法は適用外)

  • 3階建て構造計算対応
  • 検定NGチェック機能
  • 荷重3Dチェック
  • 新グレー本準拠

長期優良住宅・住宅性能表示

長期優良住宅・住宅性能表示

構造の安定
(壁量計算、床倍率、壁の配置、接合部、基礎、横架材)
火災時の安全、劣化の軽減、維持管理への配慮、空気環境、
光・視環境、 音環境、高齢者への配慮、防犯

長期優良住宅普及促進法の認定で求められる耐震等級2や断熱等性能等級4をはじめとする等級判定が可能です。 特に難解な床倍率も、ホームズ君なら瞬時に判定可能です。また、等級ナビを使えば、目標等級を簡単にシミュレーション可能です。

計算書は、計算過程・根拠が追いやすくなっています。建物の間取りと仕様情報より各項目の等級判定を行えます。 判定結果のグラフも分かりやすく表示されます。計算書も見やすくレイアウトされており計算過程も追いやすくなっています。 省エネオプションで判定できる温熱環境を加えれば、全10項目を判定できます。

「断熱等性能等級」判定(平成25年省エネ基準)
※省エネオプション

断熱等性能等級判定画面

外皮平均熱貫流率(UA値) 平均日射熱取得率(ηA値)

住宅性能表示制度および長期優良住宅の評価方法基準に基づく断熱等性能等級の等級判定が行えます。外皮平均熱貫流率(UA値)、平均日射熱取得率(ηA値)を、CAD情報と設定した各部位の断熱仕様から自動算出し、等級を判定します。また、結露防止の基準の等級判定も併せて行えます。
さらに、施主へのプレゼン に使える「絵でみる省エネ診断書」が作成できます。
※平成11年省エネ基準では、「熱損失係数(Q値)」や「夏期日射取得係数(μ値)」に基づいて判定します。

一次エネルギー消費量計算 ※省エネオプション

一次エネルギー消費量算定WEBプログラムとデータ連携

(独)建築研究所がインターネットで公開している「一次エネルギー消費量算定用WEBプログラム」専用のデータファイルが作成できます。居室の床面積や外皮熱損失量(q値)、日射熱取得量(mc値、mH値)を自動計算し専用ファイルに書き出します。専用ファイルをWEBプログラムに読み込ませるだけで面積や熱損失量等が自動設定されます。

通風シミュレーション ※省エネオプション

詳細はこちら

通風シミュレーション

「通風シミュレーション」機能を使えば、構造と通風の検討が一貫して行えます。窓の設計、開閉による効果の検討、防暑・乾湿対策にお役立てください。

ホームズ君「あっと簡単見積」連動 ※別売ソフト

詳細はこちら

ホームズ君「構造EX」で作成したプラン(CADデータ)を見積ソフトホームズ君「あっと簡単見積」にデータ連動し、金物数量や木拾いした数量を 自動集計します。入力の手間を軽減し、より詳細な積算が簡単に行えるようになります。また、連動したCAD情報はホームズ君「あっと簡単見積」で追加・変更して、数量を集計することも可能です。

このエントリーをはてなブックマークに追加